2006年07月12日

『サプリ』

月9ドラマを違う曜日に見るのは日常茶飯事になってきました。
 
 
 

 
 
月9「サプリ」の主人公は広告代理店の博○堂を思わせるような
 
オフィスで働いています。
 
実際、仕事柄そっち方面のオフィスに行くと、
 
大きなガラスの自動ドアが開いて、
 
受付嬢と警備員がいて、
 
笑顔で呼び止められるという
 
・・・そんな感じ(?)です。
 
 
 

 
 
広告代理店は、
 
すべての商品を表現する仕事です。
 
広告は、広く告げること。
 
伝えたい人と、
 
情報を欲しい人とを
 
つなげる仕事です。
 
 
 

 
 
というわけで、お菓子のCMもつくれば、
 
保険のPR活動を展開したり、
 
はてはW杯をプロデュースしたり。
 
 
広告の影響を受けずに人は生きてはいけないようです。
(必要かどうかにかからわらず) 
 
 

 
 
でもハードです。
 
どれくらいハードかというと、
 
家にいるのは寝るためだけ?
 
いえいえ。
 
家にも帰れなかったりしても普通です。
 
 

 
 
会計事務所というところも、
 
そういう時代があったみたいです。
(いえいえ今もあるんですよ、奥さん)
 
 
今回のドラマでは、
 
「どうしてそこまで働くの?」
 
というのが1つのテーマになっていました。
 
 

 
 
どうしてなんでしょうね。
 
 
久しぶりにパソコンを開いて、
 
そのことを書こうと思ったのですが、
 
すでに寄り道してしまいました。
 
 
 

 
 
時間は、誰にとっても平等ではありません。
 
 
なぜなら、時間を有効に使えることに気付いた人と
 
そうでない人とでは、時間は全く異なる生き物だからです。
 
 
有効に使えるというのは、決して「効率よく」という意味ではありません。
 
 
実は、効率というのは、
 
時間を考えるときに重要な考えではありません。
 
 
時間を考えるときに重要なのは、
 
「満足感」です。
 
 

 
 
だから、主人公の藤井ミナミは
 
今日も働いているのです。
 
 
早く帰りたいというのならば、
 
その仕事以外にあなたを満足させる何かが
 
きっとあるのでしょう。
 
 
どれだけ仕事をしても大丈夫。
 
というのなら、そこには何らかの
 
満足感があります。
 
 
 

    
この世には、
 
面白い仕事なんてありません。
 
 
同じ仕事でも、楽しめる人がいるかどうかです。
 
 
中谷彰宏さんなら、
 
そんなことを言いそうです。
 
 

 

サプリ 1 (1)サプリ 1 (1)
おかざき 真里

posted by IKE■ at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 時間のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伊藤美咲の袴姿だけが気になっています。
見てみたーい。
Posted by ozekey at 2006年07月18日 23:29
袴姿というよりは、
合気道自体の方が気になっているのでは(笑)
それにしても、原作にはない合気道は
これからどんな話につながっていくのやら。

IKE■
Posted by IKE at 2006年07月19日 23:13
時間を忘れるほど生活の一部になっていて,自分も楽しい!!!
しなくちゃいけないこと・・・には,仕事は入ってませんね。
しなくちゃいけないことをやめる勇気を!!!持たなくちゃ。思っているけど・・・やめれない。
上手に時間を使いたい。
自分に言い聞かせてるんです。
ありがとうございます。
Posted by moko at 2006年07月23日 21:25
mokoさんへ

仕事って、ポジショニングが難しいですよね。
楽しい仕事を選ぶのか、
それとも、今の仕事を楽しくするのか。
どっちも正解かもしれません。

自分にとって、適切な選択を。

IKE■
Posted by IKE at 2006年07月24日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20695293

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。